キャッシング

確実に借りれる消費者金融を紹介します

借入審査に通らないのは必ず理由が存在します。その理由を克服すれば必ず審査に通ります!

キャッシングとは、金融業者からお金を借りることです。金融業者は顧客にお金を貸して、利息を上乗せして返済を受けて利益を得ています。銀行なども貸す相手が個人と企業の違いだけで、システム的には同じです。お金を貸して利息を得て利益を出しているのです。

 

貸したお金を返してもらうという前提でこの金銭賃借契約が成立しているわけですが、中には何らかの事情で返済が滞ってしまう顧客が存在します。

 

そういった顧客に対しては返済を促す行為(取り立て)を実行しますが、最終的に自己破産をされてしまえば、どうすることも出来ません。貸したお金を焦げ付かせてしまうことになります。

 

そういったリスクを回避するために、金融業者は貸付の際に審査を行います。無審査でキャッシングをすることは絶対ありません。必ず審査があります。そこで信用情報に問題があれば、審査で落とされることになります。つまりキャッシングは不可能ということです。

 

信用調査とは

貸付審査の際は必ず信用情報機関に問い合わせをして調査が実行されます。主に現在の借入状況、そして過去の取引履歴などです。もしも現在の借入状況が悪ければ(借金総額が年収の三分の一以上)審査で落とされる理由となります。

 

いわゆる多重債務者と呼称されるのがそういった人たちですが、一般的に他社からの借入件数が4件以上あれば多重債務者扱いとなります。

 

そういった人たちは審査の厳しい金融業者(大手消費者金融)では審査に通りませんので、中小か中堅クラスのキャッシング会社を選択しなくてはなりません。

 

また、過去7年以内に自己破産をしている方も審査に通らないでしょう。信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録されているからです。過去に自らの借金を支払わずに焦げ付かせているのですから、金融業者からしてみれば信用度はゼロということになります。

アコム

審査が甘いキャッシング会社とは

確実に審査に通る方法は、まず第一に審査基準の甘いキャッシング会社を選ぶことです。審査が厳しい大手ローン会社などでは、審査に落とされる確率が高くなります。借入件数が三件以上あるような方は、わき目も触れずに審査の甘いキャッシング会社を選ぶべきです。

 

審査の甘いローン会社の顧客の殆どは、多重債務者で占められています。つまり多重債務者を相手にお金を貸しているということですから、多重債務者でも審査に通る可能性が高いということです。

 

ただし、多重債務者といっても限度があります。借入件数が7件以上もあるような方は、審査で却下されてしまいます。

 

そういった重度の多重債務者は、毎月の支払いのための借入をする行為(自転車操業)をしていることが多いことから、自己破産になるのは時間の問題とみなされてしまうからです。

 

そういった方は無理をして借金を膨らませてしまうよりも、早々と自己破産をして人生をやり直したほうが得策かもしれません。

最終更新日 2017/7/25

キャッシングの極意

当サイトのお薦めサイト